薬と酵素の関係 

薬と酵素の関係 

 

皆さんは少し風邪気味かなと思ったぐらいでも薬を飲みますか?
本当に具合が悪くなった場合は分かりますが、基本的に私は随分長い事薬を飲んでいません。

 

病院に通う様な症状がある方は別としても、『少し喉が痛い』『なんだか頭痛がする』などの比較的軽めの症状で薬を飲む人に読んでもらいたい記事です。

 

薬はどうして効果があるの?

 

薬は頭痛を和らげてくれたり、喉の痛みを緩和してくれたりするなど日常的にとても便利な物で確かに我々はその恩恵を受けています。
しかし体に取っては良い物ではない事が多い様です。

 

このサイトは酵素ダイエットのサイトですから酵素の効果からの視点で書いていきますが、今日常に使われている西洋医学ベースの薬は『酵素阻害』の原理を応用している物が多いそうです。

 

酵素の働きを悪くする事で薬の効果を発揮させる様作られていると言う、一見理解するのに戸惑う内容ですが、その原理とは以下の通りになります。

 


酵素阻害剤(こうそそがいざい)とは、酵素分子に結合してその活性を低下または消失させる物質のことである。
酵素阻害剤は一般に生理活性物質であり、毒性を示すものもあるが、病原体を殺したり、体内の代謝やシグナル伝達などを正常化したりするために医薬品として利用されるものも多い。また殺虫剤や農薬などに利用される種類もある。

 

酵素の効果を阻害する事で病原体を殺すと言うなんだか恐ろしい物ですね。
日常的に服用していると体内酵素が著しく減少するので疲労感がでたり、消化不良などが起きたりします。
できる限り服用は避けるのが懸命な様です。

 

胃薬の働き

例えば胃薬の様な物でも日常的に取っていると逆に消化不良を起こしたり、胃もたれが酷くなったりする場合もあるので注意が必要です。
それはどうしてかと言うと胃薬の多くはいの働き、つまり消化活動をおさえ,胃液の分泌を少なくする物だからです。どうしてもつらくて仕方ないとき以外は飲まない方が良さそうですね。

 

それから胃腸の調子が悪い場合はフルーツを多めに食べるというような対処の仕方も健康的にいいのでは無いでしょうか。
 
酵素ドリンクを一杯飲んでみるだけでも効果があるかもしれません。
酵素サプリを水で飲んでも良いでしょう。

 

それから酷い時には食事をしない、又はみそ汁だけにするなどでも効果が出る場合があります

熱が出たら

熱が出た時に飲む解熱剤ですが、体温が上昇すると言う事は、体が熱を上げる事で免疫力を高め、最近と戦っている事になります。

 

もちろん脳に支障を来すほど高熱は別ですが、通常は体温の上昇は免疫系等が正常に機能している事の証明になります。
ですから薬によって急激に体温を下げてしまうのは実は良く無いと言う事になります。

 


経験ある方はいるかもしれませんが、熱が出るとすぐに薬を飲んでいた人も、薬を飲まなかった時に早く回復した、と言う経験はありませんか?

 

これは免疫系統が正常に機能している場合に限りますが、薬を飲んで熱を無理に下げてウィルスと戦うよりも、体温を高い状態のままウィルスと戦う方が免疫系統に有利になるからです

 

以前どこかで、体温が一度下がると免疫力が何%下がると言う様な記事を見た事があります
日常的に冷たい飲み物ばかり飲む人は、免疫力が低く、すぐに風邪を引いたりする可能性が知らないうちに高まっている訳です。
思い当たる人は冷たい飲み物は減らし、お湯や、お茶などに変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

薬の常用は良く無いとは言え、上の記事で書いた事には個人差がありますので症状の重い人などは必ず医師に相談し、無理は避けて下さい。

 

 

次のページ 酵素とアトピー>>

人気のフルーツ青汁。
すっきりフルーツ青汁です。
初期ア630円なので気軽に始められます。


すっきりフルーツ青汁

初回630円・30日返金保証あり



page top